FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
躾はその場で
5c902037.jpg

私は玄関の前に立ち、不機嫌になっていた。
そこに、先程脱がせたハイヒールが転がっていたからだ。
奴隷は私の前に回って跪き、ヒールを私に履かせようとした。
この時点で何も気付かない鈍感さに、更に腹が立つ。

手に取る前に声をかけた。

「ちょっと、待ちなさい」

この子は、私の強い口調に怯えるようになっている。

「前に、靴は揃えておきなさいと言わなかった?」

奴隷は身を竦めて、視線を逸らし
「ごめんなさい」
と言った。

私は顎に手をかけ上を向かせ、頬に手を振り上げ、数回打った。


―――――――――――――


やっているとよくわかるのですが、躾をする際に体罰というのはとても有効なようです。
犬の躾は、悪さをしたら後に回さず、その場で叱るべきだと言いますが、人でも変わりません。
一度見逃してしまうと、また繰り返すので面倒がらずに、その場その場で叱っていかなくてはならない。

だけど、人前では流石に手は振り上げられませんから
例えばテーブルの下で足を出させて、踵で踏みつけたり、手の甲に爪を立てたりしながら、説きます。

躾としてのお仕置きは、何故お仕置きをされるのか、キチンと理解、納得させた上で行うべきだと思います。
例えば、上記の例だったら「前に靴を揃えろと教えたのに、できなかったから罰を受けるのだ」ということを明確にし、わからせるのが大事です。

お仕置きの最中にも、今何を叱られているのか確認をするのもいいですし
場合によっては、本人に口出させて覚えさせるのも良いと思います。

そうやって繰り返していくと、自分好みのいい子になります。
悪いこと=罰という回路もできるので、察しも良くなります。

奴隷側もご主人様好みに自分が変えられていくのは幸せなのではないでしょうか?

従わせ、強制させることは支配を感じることができますから
必要以上に2人の間でルールを決めると楽しめるかもしれませんね。

支配、被支配関係においては支配者がルールです。
罰は、お互いの立場を明確化させるのに、適しています。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[2012/02/28 13:06] | omunibus | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
femdomloversonlyをよろしくお願いします。
ルイ子様(以下女御主人様=ごしゅじんさま)の奴隷です。
女御主人様とは3年前に出会いました。

女御主人様との電話では、いつも話題は「こんなプレイいいよね!」といった具合。
本当に尽きないですよね!SMの話題って!

そんな僕が好きなのは、日本ではあまりメジャーでないかもしれない
ponyplay、sissymaid、chastity、humanfrunitureなどのキーワードです。
当たり前のように部屋の隅で立たされたり。。
じわっと涙が出るような辛いプレイ。
ちょっぴり地味で偏ってるかもしれません。
でもなんかそんな感覚?に共感を得られる方もきっとたくさんいるはず!

…という勝手な仮説の下、思い切ってこのブログを立ち上げることにしました。
(言いたいことを書いてあとで墓穴を掘るのがこわいです。。)

特に英語が堪能というわけではないけれど、自然と惹かれるのは何故かヨーロッパのfemdomサイト。
そんな大好きなサイトや画像、femdomartも紹介していきたいです。
もともとOWKが好きで(特に初期の頃の)、あんな世界で生きていけたら幸せだなあと思っていました。
今は閉鎖されたようでとっても残念です。

先々は女御主人様が、書かれているようなfemdompartyもできたら楽しいなと思います。
将来的には、日本を代表するサイトになると嬉しいな。

とはいえ、まずは気負わずのんびり更新していきたいと思います。
[2012/02/28 00:57] | 初めに | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
ブログ設立のきっかけ
「集団プレイがやりたいねぇ」

友達の女王様、レズビアン、奴隷、フェチ男でカラオケに行った翌日に、電話で話していました。

私は切々とこんなプレイがしたい!
と奴隷に話す。
奴隷は昨日今日で、張り切る私に呆れながらもノってくれた。
例えば
ペンションや貸別荘で泊まりがけで、ご飯を作らせて、給士させる。
罰にご飯抜きにしたり、外に締め出したり…
奴隷同士で競わせて、ゆったりとお酒を飲みながら楽しみたい。
椅子や灰皿や机として使ったり。

そういった、支配者がゆったりと楽しむ空間。

社交場に奴隷を連れて、いびって楽しむような…そんなパーティーもできたらいいのに
と夢が膨らむ私。
奴隷もそういうファンタジーが好きだし、
私の秘書奴隷も好きだからノってくれた。
ところが、友達の女王様に提案してみたらば

「そういうのが好きなマゾがいない」
と。

いや、いるには違いないんだけれども
そういえば、そういったSM系のサイトや交流の場って少ないよな
と思ったのです。
情報交換の場所が少ないような…。

またまた私が奴隷に電話で話していると
そう言えば、ポニープレイとかmaidプレイって
あんまり日本に流行ってないよね~?

と話が展開していった。
そうそう、そういうサイトを探すのって専ら海外のサイト。

FemDomなシチュエーションを感じるような感覚を私は奴隷と分かち合って、今まで来たんだけど
そんな感覚を共有できるブログを自分達でやってみたいな
という話になったのです。

いつも「こういうのエロくない?」
と2人で言い合ってる、FemDomな感覚を
もう少し広く
「こういうのエロくない?」
とやっていきたいな
というのがブログをやるキッカケです。

その「こういうの」はこれから、書いてゆくものですね。

きっと、全国に散らばっているはずであるFemDomカップルや
奴隷を求める女性や主人を求める男性。
そんな空間に憧れる人達の為のブログでありたいです。

そして密やかな野望として、FemDom好きの、活性と発展(!)に繋がっていったら…
と願っています。

「FemDom lovers only」というタイトルにはそんな想いを込めました。
いつまで続くかわかりませんけれど、よろしくお願いします。
[2012/02/27 17:03] | 初めに | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。