FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top↑
マッサージ
寝る前のマッサージ。
女御主人様は気持ちいい事が好きなので当然マッサージもお好きです。

「マッサージ」
女御主人様から御用命があると、まず返事をし、オイルとタオルをご準備します。

準備が終わると、「失礼いたします。」と申し上げ脚からマッサージを始めます。

基本的には脚から始め、腰、背中、腕と時間をかけて行うことになるのですが、全身を行う事は結構大変な仕事で、深夜ですと途中で睡魔に襲われることも度々あります。

反面、女御主人様は途中で眠りにつかれる事が殆どです。
僕はお許しがあるまで勝手に止める事はできないので、そのような場合は最後まで一通り行い終了するようにしています。

集中して、丁寧にする意識を持つように言われていますが、やはり集中している時のほうが気持ちいいそうです。(うとうとしていて、ご指摘をうけたこともあります。)

腕の辺りまでくると終わりが見えるので「あと少し、、頑張ろう、。」という気持ちになります。」


一通り終わると
「終了しました。」と申し上げ次の御指示を頂きます。

物足りない場合は「首、や脚」など追加でのご指示をいただきますのでそれに従うのですが、時に「もう一度初めから」という場合があります。

この場合は一度終わってほっとしている矢先、大変辛いものがあります。
寝りたい気持ちを抑え「ありがとうございます。」と御礼を申し上げて再度脚からスタートします。

「いいよ」
とお許しを頂ける時は、ほっとしつつ、「ありがとうございました。」と御礼を申し上げて就寝することができます。また、途中でお休みになられている場合はそっと僕も就寝します。

簡易的に行う場合は、脚のみのマッサージでお許しを頂ける事もあるのですが。女御主人様の気分次第といったところです。

マッサージをすることは嫌いでは無いのですが、辛い時もあります。
基本的に寝る前ですから。
でも、僕が眠いとか明日は仕事ということは関係が無い事です。
とはいいながら、多少は女御主人様も考慮頂いているのかもしれません。(そうだといいな。)



また続きを書きたいです。
最近、二人とも酔っ払っていたりとマッサージをすることが少ないため反省の意味をこめて。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[2012/06/10 20:36] | omunibus | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
奴隷に向いた人間
私は家事が大嫌いです。
面倒なことがものすごく嫌いです。縦のものも横にしません。
これはBDSM、Femdomという次元の話ではないですね。向いていないとも思います。
奴隷は家事が好きと言い切れないと言っていますけれど、少なくとも私よりは好きでしょうし、向いていると思います。
私の自宅は荒れ果ててますが(笑)奴隷の家はいつ行っても綺麗に整頓されていますし、私は包丁握った記憶がもう思い出せませんけれど、奴隷は一人の時でも料理をしているようですし
向き不向きというのはあるものだと思います。

初めて会った時から思ったことですが、よく動く子だな、と思っていました。
奴隷に向いている人間というのは、よく気が付いてよく動ける子ですね。
こちら側から指示して動くのでは遅いのです。指示をするということはその時点で、不快不満足な状況が起きているわけですから、その前に想像して動けることが望ましいでしょう。
これは人間の資質なので、調教では限界があると思います。
適切な資質を持った子を調教して自分好みしていくのがいいでしょうね。
極端なことを言いますと、仮に私がマゾ、被支配者になりたい願望を持っていたとしても奴隷には向いていないと思います。
やはり同じ人間ですからね。でも不思議ともともとの性格性質と性癖はリンクしているように思います。
それとも、私がそのような相手としか近しくならないのかもしれません。

私が奴隷の家に訪れるといつも忙しく動いていて、騒がしいなと思うほどです。ちょっと落ち着いて酌に付き合いなさいよ、と言いたくなるくらい。
ご飯の時は私が食べて、その間にも何かが出てきたり、終わったらお皿は片付けられていきますし、コーヒーはいりますか?お酒はいりますか?といった具合で
それが当然だと感じていましたがある日「そう言えばお前、いつご飯食べてるの?」となったことがあります(笑)

Femdomな空気が薄れてリラックスしている時もあるのですが、やっと落ち着いて腰掛けた瞬間に
「あれ持ってきて」
と指示を与えても、少しも躊躇いはありませんね。横になったり寝ている時もすぐに動き始めます。
よくできるもんだな、と感心します。私なら絶対に無理。
そういう時に「動くの好きなんでしょ?」
と思って言ってしまっているわけです。

ただもしそういった時に少しでも面倒そうな素振りがあったり、遅れたら、手か足が飛んだ後に、今どうして遅れたのか、と追及しますし、甘やかしすぎたと反省して、厳しくするようになるでしょう。

でも、こういったことに限らず冷静に考えると
「お前よくそんなことできるね、続けられるね、嫌にならないね、
(できているってことは)好きなんでしょ?」という考えにたどり着くことが多々あります。
私には想像ができません。面倒なことはしたくありませんね。Femdom好きの男だとしても、途中で嫌になってやめると思います。
長い時間このルールが続くわけですから。

続けられているということは、家事が好きか、させられるのが好きか、どちらにせよ好きだから続けられているわけです。
[2012/06/02 03:53] | omunibus | トラックバック:(0) | コメント:(2) | page top↑
家事は好きですか?
普段女御主人様と一緒の時、すべての家事一切は奴隷の僕です。
女御主人様には「お前のリラックスタイムは寝ている間だけだよ。」と言われています。

家事をしていると、「お前は家事が好きなんでしょ??」と聞かれる事があるのですが、どうもうまく返答ができません。

嫌いな方ではないのですけれど、好き?と聞かれると心の中ではやっぱり面倒な気持ちだって少しあります。
「家事、好きです!」とは言い切れないのです。

そんな話をうだうだとすると「じゃあ好きと言えるまで徹底的に、。」と女御主人様には言われてしまいそうですが。


でもsissymaidやfeminization、正直僕自身そういうプレイには惹かれています。
特別女装癖があるわけじゃないですがメイド服は好きですし、貞操帯もこれにからんできますよね。


…てことは、やっぱり好きなのかなあ。。

SMの場合こんな葛藤は良くありますよね。
鞭だって同じです。
嫌いだけど好き?好きだけど本当は嫌いな事?
??、。考えているとわからなくなってきますよね。

女御主人様には、「いい加減もう諦めたら?諦めたら楽だよ。」と言われています。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

[2012/05/26 16:45] | omunibus | トラックバック:(0) | コメント:(4) | page top↑
humanfruniture2
女御主人様と旅行に行ったときの夜のこと。
1階にリビング、2階が寝室となっている2階建てのペンションを借りました。

「気を付け」

ベッドを眺める位置で、言われるがまま気を付けの姿勢で立たされます。
裸に貞操帯の格好で口枷を嵌められた僕はそのまま柱にきつく縛り付けらてしまいました。

寛がれる女御主人様とは対照的に僕は体制を崩す事が許されません。
僕はそのまま気を付けの姿勢で立っていました。

しばらくすると、ベットに横になった女御主人様はうとうととそのまま眠りにつかれたのです。

視界にはお休みになっている女御主人様の姿だけが目に入ってきます。
静かな時間がすぎていきます。


‥‥1時間くらいが経ったのでしょうか。

その日は運転で疲れていたせいもあり何度も眠気が襲ってきましたが、気を付けの姿勢では眠りにつくことはできませんでした。
動けない事にストレスを感じ、立っている足も次第に疲れてきました。
ベッドに気持ち良さそうに横になる女御主人様がとても羨ましく思われました。


気を付けの姿勢でただ立っていると、時間の経過が遅く感じます。
というよりも、次第に時間の感覚がなくなってきます。
何時なのかもわからなくなってきました。
辛くて、口枷からは苦しい声が漏れます。


時折、目の前に見える 女御主人様の寝返りをうたれます。
期待しましたが、目を覚まされることはありませんでした。

口枷を嵌められていますし、また起こすともっと辛い目にあうので我慢しました。
もしかして朝までこのままなのかなあ…と哀しくおもえました。

時間は淡々刻刻と流れていきます。
2時間、3時間くらいたったのでしょうか。


ストレスを感じて何度もこの状況から逃げ出したいと思いましたが、どうしようもありませんでした。

普段仕事などで立つ時は、作業をしたり体勢を変えることが普通です。
それらに比べてただ、立っているだけという状況は想像以上に辛いものだと身をもって知りました。

人間家具には椅子、テーブル、灰皿、色々なバリエーションがありますが「立たされる」というプレイも好きです。

ちょっと地味なプレイではありますけれども。

[2012/04/26 13:38] | omunibus | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
欲を制限する~性欲~(3)
外で夕飯をしていた時。

「どう?辛い?」

私が聞くと奴隷は堰を切ったように話し始めた。
普段、辛いと訴えることを許していないので、待っていたかのよう。

「でも、最近は鈍感になったみたいで、落ち着いています、、」

この言葉を聞いた時から、今日は少し弄ってやってからもう一度貞操帯をはめようと決めた。
また敏感に戻るんじゃないかしら、と実験したくなったの。
当然奴隷は私がそう決めていることはわからない。

「それじゃあ、まだいかないで平気ね。」

哀願するような表情に変わる。

私はこういった時の表情が大好きなのよ。
そんな、という顔ね。
そういった表情をしながらも、私をなじろうとしない様子がいい。
ここで、文句の一つを言ったらならば、どんな目に合うかわかっているのでしょう。
ぐっとこらえるように、返事をする。

「でも、お家に戻ってから、もう一度考えてみてください…」

と控えめな哀願が入る。
こうなったら、私が考えを変えることなんて滅多にないことをよく知っているはずなのに。
少しの希望が捨てられないんでしょうね。

部屋に入ると服を脱がせる。
奴隷は足を舐めることが好きだから、わざとやらせる。
優しく、好きであろうことをしてやろうと思うの。
興奮するとする程に辛いわけだから。普段よりも優しくする。

目前に足を出すと隅々まで、舐める。
きっと、少しの希望を持って媚びているのでしょうが、私はもう決めている。

延期。
と告げると、もう一度貞操帯をつけるのでいかせて下さい、と床に頭を擦り付ける。

「だめ」

涙が滲む表情に向かって、私はさも慈悲深いように優しく
「でも触るだけならしてあげようか」

と問うた。




奴隷とは付き合いも長いですし、どんな事をしたらどうなるかは大抵把握しています。
どんな風にされるのが好きかも分かりますから、うんと優しく蕩けさせることも簡単です。

普段甘やかしていないせいなのか、少し頭を撫でてやるだけでも力が抜けて蕩けます。

貞操帯をつけて、射精ができない時には、それらが逆に責めとなるので敢えてやってやると、悶々とするので面白いです。
コントロールすることは支配を感じられて良いです。
うんと気持ちよくすることも、苦しませることも気分で決められ、容易に実行できます。

貞操帯を付けている時は、将にそれが分かりやすく、具現化されていますね。
一言で済みます。

相手を自分のその時その時の機嫌で如何様にもできることを実感するのは、Femdomの楽しみだと思います。
それがどんな境遇であれ、被支配者は逃れることはできませんから、存分に気の済むまで楽しみましょう。

[2012/04/01 04:02] | omunibus | トラックバック:(0) | コメント:(7) | page top↑
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。